2015年、wavenirツアーで伊藤志宏(ピアノ)と来道。
札幌市と美幌町びほーるでの好演の記憶も新しい藤本一馬が、
オホーツクの地に再び戻って来ます。
2016年、ソロアルバム『FLOW』をリリース。直後にニューヨークに渡った藤本一馬。
現在もNYを拠点に音楽活動を続けています。
今回はその『FLOW』を中心に、レコーディングメンバーだった
林正樹(ピアノ)を伴っての公演になります。
ひとつひとつ、丁寧に紡がれる音。
静謐な響き、ゆるやかなゆらぎ、反復、たゆたう流れ、フロー。
ジャズ・クラシック・ワールドミュージック、どのジャンルにも属さない
室内楽の新たなかたち。
待ちわびた初夏をまさに迎える北海道で、石倉の倉庫を舞台に奏でられる
藤本一馬と林正樹の音楽世界。
この静かで余韻を含んだ音楽を、多くの方と共有できますように。






KAZUMA FUJIMOTO   MASAKI HAYASHI
藤本一馬 with 林正樹
北見公演

2017.5.16.Tue.

会場:端野町石倉交流ホール
北見市端野町端野5番地3(JR端野駅前)

開場:18:30 開演:19:00

前売:3000円(自由席/当日3500円)

【主催】
mono森音
網走郡美幌町大通北3丁目9-1

電話予約: 0152-72-2177
mail予約:rara@hoshizora.jp
※件名を「FLOW予約」にしてお申し込みください



藤本 一馬
ミュージシャンの父の影響で幼少期より独学でギターを弾き始め、ジャズ、南米の音楽をはじめとする広汎なワールドミュージックに親しむ。
1998年ヴォーカルのナガシマトモコとorange pekoeを結成。1stアルバムのセールスが35万枚を超え、アジア各国や北米での CDリリース、ライブ公演など幅広い支持を獲得。その後、初のソロ・アルバム≪SUN DANCE≫(2011) を発表し、これまでソロ、デュオとして≪Dialogues≫≪My Native Land≫≪Wavenir≫≪FLOW≫の5作品をリリース。Carlos Aguirre、Andre Mehmari、中島ノブユキ、林正樹、伊藤志宏など様々なアーティストと共演。
多様な音楽的造詣を、明敏な感覚により汲みとられた現代性とともに収斂させる陰影を含んだソングライティングは高い評価を獲得している。

林 正樹
大学在学中の 1997 年 12 月に、伊藤多喜雄&TakioBand の南米ツアーに参加。音楽家としてのキャリアをスタートさせる。現在は自作曲を中心とするソロでの演奏や、生音でのアンサンブルをコンセプトとした「間を奏でる」、田中信正とのピアノ連弾「のぶまさき」などの自己のプロジェクトの他に、「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」、「Salle Gaveau」,「Blue Note Tokyo All Star Jazz Orchestra」など多数のユニットに在籍。
演奏家としては、渡辺貞夫、小野リサ、椎名林檎、長谷川きよし、をはじめ、多方面のアーティストと共演。多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的なソングライティングと繊細な演奏が高次で融合するスタイルは、国内外で高い評価を獲得している。昨年秋にソロピアノ・アルバム『Lull』を〈SPIRAL RECORDS〉よりリリース。



◯ 2017.5.15.Mon 『ヤコブ ブロ/藤本 一馬+林 正樹』札幌公演決定!
 会場:PROVO (プロボ) 札幌市中央区南6条東1丁目-2 KIビル3F/ 電話 011-211-4821
 開場:18:30  開演:19:30
 前売:4000円 / 当日:4500円 ※共に別途1ドリンクオーダーが必要〔全席自由・スタンディング有〕
【予約受付】
 聴雪庵(ちょうせつあん)
 札幌市中央区南5条西4丁目すすきの寿ビル1F 担当:小島
 メール予約:info@chousetsuan.com  電話予約:011-555-4953